理念・方針

徳永賢次郎 プロフィール

1952年、佐賀県生まれ。
法政大卒。 柔道整復師。1993年開設。
呼吸法、操体法、野口体操、ヨガ、経絡体操を学ぶ。
スポーツ:軟式テニス、柔道

自然との調和・姿勢
できるだけ自然な姿勢に戻すことを心がけています。ふだんの姿勢や動作が健康の基本であると考えるからです。

操体法

自然との調和・健康
操体法とは、仙台市の医師、橋本敬三氏が提唱された考え方です。
著書の「からだの設計にミスはない」の中で次のように述べられています。「生命体であるかぎり、自然環境に適応するように出来ているはずであるが、人間は他の動物と違って、知識にたよって判断しようとするので、どうしてもその生活のあり方が自然の法則にはずれやすいともいえる。
人間が生命活動を全うして生きていく様は非常に多面的なものであるが、自分に許された自然環境、及び、人為環境の中で適応し、自己責任として意識して営まねばならぬこと、他人に代わってやってもらうことの出来ない活動が少なくとも4つあると思う。すなわち、呼吸、飲食、身体運動、精神活動です。この4つのと活動と環境との関連の上に人間の健康が維持されていく。言いかえれば、毎日の自分の生活が自分のからだを作っているということなのであり、毎日の生活のあり方、つまり、1人1人のこの活動の営み方によって各人のからだのあり方、健康状態がきまってくるということです。」

ほとんどの病気は生活習慣病
ほとんどの病気は生活習慣病という見方をすることができます。病気になる原因の多くは日常生活のすごし方・物事に対する考え方にあります。
病気は突如としてあらわれたものではなくて、病気にならざるを得ない過去の生活習慣が原因となっています。
したがって、病気を治す時は症状だけに気をとられないで原因となっている、ふだんの「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」「環境」などを総合的にみて、どの分野を見直したほうが良いのかを的確に判断して対応することが大切になります。

生活習慣を見直して、できるだけ自然な生活をして自然なからだに戻すと

・ 気の流れがよくなります
・ 血液の流れがよくなります
・ 自律神経のバランスがよくなります
・ 内分泌、代謝がよくなります
・ 内臓の機能がよくなります
・ 体質が改善します

すると
・からだとこころが楽になります。

そして、
・自然治癒力・免疫力・生命力が高まります。

自然治癒力を高める方法
「食事」を見直すだけでも自然治癒力が高まります。
「呼吸」を見直すだけでも自然治癒力が高まります。
「運動」を見直すだけでも自然治癒力が高まります。
「睡眠」を見直すだけでも自然治癒力が高まります。
「心の持ち方」を見直すだけでも自然治癒力が高まります。

さまざまな症状は、これまでの生活習慣・ものごとの見方、考え方を見直して下さい、というからだからの大切なお知らせです。

「食事」を見直すだけでも治る病気がたくさんあります。
「呼吸」を見直すだけでも治る病気がたくさんあります。
「運動」を見直すだけでも治る病気がたくさんあります。
「睡眠」を見直すだけでも治る病気がたくさんあります。
「心の持ち方」を見直すだけでも治る病気がたくさんあります。
それから、
「薬の常用」をやめて生活習慣を見直すだけでも治る病気がたくさんあります。

病気を治す薬は毎日の生活の中にあります。
食事を見直すことが「薬」です。
呼吸を見直すことが「薬」です。
運動・姿勢を見直すことが「薬」です。
睡眠を見直すことが「薬」です。
心の持ち方を見直すことが「薬」です。

すなわち、
生活習慣・生き方を見直すことがなによりの「薬」なのです。

当院では運動の分野の姿勢を見直すことが「薬」です。という所を主体にしています。


からだのみかた

治そうとするのではなく治るのを見守る

症状だけをみるのではなく、生活をみる。
部分だけをみるのではなく、全体をみる。
表面だけをみるのではなく、内面をみる。
結果だけをみるのではなく、原因をみる。
病気だけをみるのではなく、病人をみる。 
対症療法だけを行なうのではなく、根本治療を行なう。
西洋医学のみかただけをするのではなく、東洋医学のみかたをする。

からだは丸ごと全体でひとつです。部分的に治そうとするのではなく全体(全身)をよくすることが大切です。

 

当院の特徴 体操療法

日々の暮らしが便利になってくると私たちの生活は知らず知らずのうちに不自然な生活となり、次第に生命力が低下して病気になることがあります。そして、それは、からだの歪みとして表れます。

病気を治すためにはからだの歪みの原因(食事・呼吸・運動・睡眠・心の持ち方、そして環境)をしっかり把握してから対応することが大切です。当院では「運動・姿勢」の分野を見直すことで改善していく症状(病気)を主体に診ています。おじぎ体操、経絡体操などの体操療法を行っています。

 

姿勢は健康の基本

できるだけ自然な姿勢に戻すことを心がけています。ふだんの姿勢や動作が健康の基本であると考えるからです。
(くわしくは 姿勢について をご覧ください)

 

体操療法
おじぎ体操、経絡体操で姿勢を調えます。中心軸の通った正しい姿勢を身につけると、からだに負担がかからなくなります。からだが楽になるとこころも楽になります。からだとこころがリラックスすると自然治癒力・免疫力・生命力が高まります。そして、さまざまな症状やさまざまな事が連動して改善します。

① おじぎ体操 = 姿勢を正す
② 経絡体操 = 気の流れをよくする
③ 操体法  =からだの歪みを調える

 

○ からだが楽になります。

からだが楽になると
○ こころが楽になります。

こころが楽になると
ものごとの見方、考え方、人生観までも変わってきます。

そして
○ 人生が楽になります。

体操療法の特徴
・いつでも、どこでも、だれでも、かんたんにできます。
・腰痛、膝痛などは自分で治すことができるようになります。
・一般的には治らないと思われている胃下垂や鼠径ヘルニア、
 骨盤臓器脱なども自分で改善することができるようになります。
・からだを調えることによって、こころの分野にもアプローチ
 することができます。
・受け身の治療ではなく主体的な方法ですから、自分の体は
 自分で守ることができるようになります。
 

自分の体を守る主役は自分

日常生活の「食事」「運動」「睡眠」「心の持ち方」のなかの「運動・姿勢」の分野を見直すだけでも、さまざまな症状が改善します。
そして、ひとりひとりの症状に合わせて「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」及び「環境」などを総合的にみて的確に見直していくと、病気の種類にかかわらず、ほとんどの病気(運動器、消化器、泌尿器、循環器、呼吸器、皮膚、こころの病など)は自然に回復してくれます。

ほとんどの病気は生活習慣病という見方をすることができます。病気になる原因の多くは日常生活のすごし方・考え方にあります。したがって、病気の原因が自分の生活のどの分野にあるのかということに気づくと自分の体は自分で治すことができるようになります。施術者の役割は、そのためのアドバイスやお手伝いをすることです。

さまざまな症状は体を守ろうとする大切なお知らせです。

「東洋医学の知恵」 著者 伊藤真愚
病いのはじまりは、まず生命の防御装置が働き、病邪を生命の生死に別状ない末端部に反応させてだすことからはじまります。手、足、目、耳、口、舌、皮膚などに出るわずかな痛み、重み、だるさ、肌色の変化などです。

このまま進めば五臓六腑の生命に直接かかわるどこかが、やがてやられますよ、という注意信号です。
病気はふだん忘れている体の存在を意識させ、身体に合わせた生活をしなさいと、人生の軌道修正を迫る命の叫びなのです。
我が身を病気にしたのは自分の生活の誤り(勘ちがい)であるという謙虚な反省が大切です。

※さまざまな症状は警告信号、防御反応、適応反応、浄化作用、排出作用、そして治癒反応でもあります。からだを守ろうとする大切なお知らせです。症状を敵という見方をするのか、味方という見方をするのかによって、治療の仕方が全く違ってきます。

 

ページ上部へ戻る