こんな症状の方に(胃下垂)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

胃下垂

 

 

胃下垂とは


胃下垂は胃だけが下がっているのではなく内臓下垂をおこしていることが多い。胃の筋肉がゆるんで緊張が低下し、無力化した状態を胃アトニーといいます。
ほとんどの場合は、胃の位置が下がる胃下垂をともなっていて、ひどいときには骨盤のあたりまで下がってきてしまいます。

 

胃の働きが低下しているために、内容物を十二指腸へ送り込む力が弱くなっています。そのため、食欲不振や胃のもたれやゲップや膨満感などを起こします。

 

原因

 

生活習慣
姿勢・動作、精神的なストレス、睡眠、食事、腹式呼吸・横隔膜呼吸の低下でお腹に力が入らない、などが考えられます。

 

姿勢について
人は二足歩行と引き換えに腰痛と内臓下垂、さらに難産という三重の苦難を背負ったといわれています。
したがって健康な毎日をすごしていくためには、できるだけ腰に負担のかからない姿勢、できるだけ内臓が下垂しない姿勢を身につけることが重要になります。


胃下垂の治療(治し方)

 

胃下垂は生活習慣病という見方をするとわかりやすくなります。生活習慣病を治すためには生活を正して自然治癒力を高めていけばよいのです。そのためには、ふだんの「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」をひとつひとつていねいに見直していくことが大切です。胃下垂は「運動・姿勢」と「食事・内容」を見直していくことが基本となります。

 

 

 体操療法(整体)

当院は「運動」の分野の姿勢・動作を見直すことを主体にしています。体操療法・整体(インターマッスル体操、おじぎ体操、経絡体操)で姿勢を調えます。
中心軸の通ったよい姿勢になると腰や膝、首などに負担がかからなくなります。下垂した内臓も元の位置に戻ってくれます。からだが楽になるとこころも楽になってきます。からだとこころがリラックスすると気の流れ、血液の流れもよくなり自然治癒力・免疫力・生命力が高まってきます。そして、結果的に胃下垂や腰痛、肩こり、生理痛、冷え症、鼠径ヘルニアなどが連動して改善します。

 

部分だけをみるのではなく全体をみる
からだは丸ごと全体でひとつです。胃下垂は部分的に治そうとするのではなく生活(姿勢など)を正して全体(全身)をよくしていくことが大切です。


食事について

食事は土地のもの、旬のもの、丸ごと全体を感謝していただきます。
全体食にするとよく噛むようになり、少食で満腹感がえられるようになります。

空腹になるまで食事しない、ということが胃腸を丈夫にしていくコツです。 夕食はできるだけ早めに少なめにすると、翌朝はすっきりとおいしい朝食となります。

 

自分の体を治す主役は自分自身
ほとんどの病気は生活習慣病という見方をすることができます。病気になる原因の多くは日常生活のすごし方・考え方にあります。病気の原因が自分の生活習慣・生き方にあるということに気づくことが大切です。本当の原因に気づくと自分の体は自分で治すことができるようになります。施術者の役割はそのためのアドバイスやお手伝いをすることです。


⇒ くわしくは 姿勢について おじぎ体操 をご覧下さい。
⇒ 患者様の声「胃下垂」をご覧下さい。