こんな症状の方に(胃下垂)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

胃下垂

 

 

胃下垂とは


胃下垂は胃だけが下がっているのではなく内臓下垂をおこしていることが多い。胃の筋肉がゆるんで緊張が低下し、無力化した状態を胃アトニーといいます。
ほとんどの場合は、胃の位置が下がる胃下垂をともなっていて、ひどいときには骨盤のあたりまで下がってきてしまいます。

 

胃の働きが低下しているために、内容物を十二指腸へ送り込む力が弱くなっています。そのため、食欲不振や胃のもたれやゲップや膨満感などを起こします。

 

原因としては、精神的なストレス、睡眠、食事、姿勢、動作、腹式呼吸・横隔膜呼吸の低下でお腹に力が入らない、などが考えられます。

 


胃下垂の治療(治し方)


日々の生活の「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」を見直して全身状態をよくしてゆくことが基本です。

当院では主に「運動」「食事」の分野のところを見直して「心の持ち方」にアプローチしていきます。

人は二足歩行と引き換えに腰痛と内臓下垂、さらに難産という三重の苦難を背負ったといわれています。
したがって健康な毎日をすごしていくためには、できるだけ腰に負担のかからない姿勢、できるだけ内臓が下垂しない姿勢を身につけることが重要になります。

 

中心軸の通った正しい姿勢を身につけると腰痛は少なくなり、下垂した内臓(胃下垂)も元の位置に戻り、そしてお産も楽になってきます。


体操療法(整体)

姿勢を修正する具体的な方法としては、おじぎ体操を行います。
おじぎ体操をはじめると、まず、おなかがすいてきます。お通じもよくなってきます。そして、気持ちも前向きになってきます。

 

おじぎ体操を身につけたら経絡体操を行ない、からだとこころをほぐしていきます。


毎日、おじぎ体操・経絡体操を続けているとウエストが引き締まった体形になります。この段階までくると胃下垂は自然に治ってしまっています。
ただ、言葉でいえば簡単ですが、胃下垂の場合は本人のやる気と根気とある程度の日数が必要になります。

 

食事は土地のもの、旬のもの、丸ごと全体を感謝していただきます。
全体食にするとよく噛むようになり、少食で満腹感がえられるようになります。

空腹になるまで食事しない、ということが胃腸を丈夫にしていくコツです。 夕食はできるだけ早めに少なめにすると、翌朝はすっきりとおいしい朝食となります。


⇒ くわしくは 姿勢について おじぎ体操 をご覧下さい。
⇒ 患者様の声「胃下垂」をご覧下さい。