こんな症状の方に(自律神経失調症)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

自律神経失調症


自律神経 


自律神経は私たちの生命活動を維持するために自然(自律的・自動的)に働いている神経です。自律神経は自分の意志とはかかわりなく全身の機能を調整してます。呼吸や血液循環、食物の消化・吸収、排泄などが、自動的に行われているのは自律神経の働きによるものです。

自律神経には、相反する働きをする交感神経と副交感神経があります。交感神経は体を活動的に整える神経で、心臓の拍動を高め、血管を収縮させて血圧を上げ筋肉を緊張させるなどの働きをします。これに対して副交感神経は体をリラックスモードに整える神経です。こちらが優位になると心臓の拍動がゆっくりになり、血管が拡張して血液循環がよくなります。また、食物の消化、排泄活動が活発になります。

交感神経と副交感神経はシーソーのように拮抗しあって働いており、交感神経が優位になると副交感神経の働きが抑えられ、副交感神経が優位になると交感神経の働きが抑えられます。

両者がバランスよく働いているときは私たちは仕事をてきぱきこなし、体の休息もとれて良好な体調を維持することができます。
(自律神経免疫療法 著者 福田稔)


自律神経失調症

不自然な生活や過度なストレスが続くと自律神経のバランスがくずれて全身の機能が低下します。その結果として表れてくる症状(頭痛、めまい、不眠など)を自律神経失調症とよんでいます。

 

自律神経失調症の原因

・身体的なストレス
「睡眠」「食事」「運動・姿勢」「呼吸」

・精神的なストレス
「心の持ち方」
・環境のストレス
「環境・騒音、化学物質、電磁波、放射性物質、公害、災害」

・その他のストレス
 薬の常用、歯科金属、歯のかみ合わせなど

治療

自然との調和
自律神経失調症の症状は、生活のあり方が自然のリズムと調和することができなくなった状態の時に表れてきます。

 

したがって、自律神経のバランスを整えるためには、できるだけ自然な生活を心がけて、もとの自然なからだに戻していけばよいのです。

ふだんの「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」などの生活習慣をひとつひとつていねいに見直していくことが基本となります。


自律神経失調症といわれる症状には次のようなものがあります。

 

○全身症状  疲れやすさ、だるさ、のぼせ、冷え、不眠 など
○脳神経の症状  めまい、頭痛、しびれ など
○循環器の症状  立ちくらみ、脈の乱れ、胸苦しさ、動悸 など
○呼吸器の症状  息切れ、のどの不快感、せき など
○消化器の症状  食欲不振、便秘、下痢、吐き気、げっぷ など
○運動器の症状  後頭部の筋肉痛、肩こり、腰痛 など
○皮フの症状  発汗の異常、手足の冷え など
○泌尿器・生殖器の症状  頻尿、ED(勃起障害) など

○こころの症状 やる気が出ない、不安になる など

家庭医学大辞典、小学館より

 

ほとんどの病気のはじまりは自律神経失調症という見方をすることができます。

 

さまざまな症状は、これまでの生活習慣・考え方・生き方を見直して下さい、というからだからの大切なお知らせです。からだを守ろうとするありがたいお知らせです。

 

ひとりひとりが「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」そして「環境」のどの分野に原因があるのか、ということに気づいて、その原因を見直していくと自然治癒力が高まって、さまざまな症状は連動して改善してきます。施術者の役割は、そのためのアドバイスやお手伝いをすることです。

 

当院の特徴としては自律神経とつながりの深い「運動・姿勢」「呼吸」を見直すことを手がかりにして、「心の持ち方・考え方」にアプローチしていく方法をとりいれていることです。具体的には、まず、おじぎ体操で姿勢を調えます。からだに中心軸の通ったよい姿勢になると(骨盤、脊柱の歪みが整うと)自律神経のバランスもよくなってきます。そして、ゆったりした動作・呼吸で経絡体操を行ない、からだをほぐしていきます。

 

からだ やわらげば こころ やわらぐ

こころ やわらげば からだ やわらぐ

 

 

⇒ くわしくは 姿勢について おじぎ体操 をご覧下さい。
⇒ 患者様の声「自律神経失調症」をご覧下さい。