こんな症状の方に(むちうち症)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

頚椎捻挫(むちうち症、むちうち損傷)



むちうち症とは

 

首がむちのようにしなり、それにつれて頭部が振られるためにおこる頚椎の関節の損傷です。自動車の衝突事故でおこることが多く、転倒、転落などでもおこります。

症状は、頚部の痛みや熱感、頭痛、肩こり、背中の痛み、腕の痛みやしびれ、めまい、耳鳴り、腰痛などがあります。

頚椎捻挫には次のようなタイプがあります。



捻挫型

 

首や肩の痛み、動かしにくいなどの寝ちがいや肩こりに似た症状を示します。 これは頚椎を支えている靭帯や関節包などが損傷されたための症状です。 頚椎捻挫の70〜80%はこのタイプといわれています。

 


神経根型

 

首の痛みや上肢の知覚異常をおもな症状とするタイプです。
この症状は、椎間孔から出て腕のほうに伸びている神経が上下の頚椎に挟まれるためにおこるものです。

 


バレ・リーウー型

 

後頭部やうなじの痛みとともに、めまい、耳鳴り、疲れ目、顔、腕、のどの知覚異常、声がれ、飲みこみにくい、胸がしめつけられるような感じなどの症状をともなうタイプです。これらの症状は交感神経のはたらきが異常になったためのものです。

 


脊髄型

 

下肢のしびれ感や知覚異常など、首よりも脚の症状が目立つタイプで、歩きにくかったり、便や尿が出にくくなったりすることもあります。
これは脊髄が損傷されたための症状です。

 



脳脊髄液減少型(低脊髄圧症候群)

 

頭痛、はきけ、めまい、視力低下などの症状を示します。

立つと頭痛が生じ、横になると治まるのが特徴です。
これは脳脊髄液が外傷などの原因で漏れ出すことによって
脊髄液量が減少し、頭蓋内の圧が低下するためにおこるとされています。

 

 


治療


病院で一度、診察を受けてから来院されると安心です。

 

まず、安静を保つことが大切です。安静のため首にカラーを巻くこともありますが、あまり長期に使用すると頚部の筋力が低下して回復が遅くなります。


痛みがおさまってきたら、からだ全体をみて、ほぐしていきます。
少し楽になってきたら、からだの歪み(骨盤や頸椎など)を整えます。からだの歪みを整えると、からだだけでなく、こころも楽になってきます。そして、頭痛、めまいといった自律神経失調症のような症状も自然に回復してきます。

 

交通事故によるむちうち症の治療の手順は
交通事故について をご覧ください。