こんな症状の方に(猫背)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

猫背

 

 

猫背とは

 

ねこ背とは背中が丸まって、あごが前に突き出た姿勢のことをいいます。
姿勢がわるいと首や腰や膝などに負担がかかります。
また、呼吸も浅くなり精神的にも疲れやすくなります。
ねこ背は身体にさまざまな症状をもたらします。たとえば、肩こり、腰痛、頭痛、内臓下垂、やる気が出ないなどの症状が表れます。

 

 

原因

 

・気分的に落ち込んで下を向いている状態が続くと、ねこ背になってしまう
 ことがあります。

・心に不安や悩みを抱えたりして胃の痛みが続いたりすると

 からだが丸まって、ねこ背になってしまうことがあります。

・背中を丸めた姿勢で何時間もパソコンや携帯電話のゲームなどを

 続けるとねこ背になることがあります。
・歯のかみ合わせのあり方が姿勢に影響することもあります。

・姿勢をよくしようとして腰を反らすと腰の柔軟性がなくなり、

 前屈する時などに必然的にねこ背になってしまいます。

 

 

 

治療(矯正)

 

ここでは主に「運動」の分野を見直して「心の持ち方」にアプローチしていきます。

中心軸の通った正しい姿勢を身につけると、からだとこころが楽になり、ねこ背は自然に改善(矯正)されてきます。
姿勢をよくする方法としては、おじぎ体操、経絡体操などを行います。体操療法のコツを身につけると猫背は自分で改善できるようになります。

からだ全体をみて調整していきますので、ねこ背を治す過程において、O脚―膝痛―腰痛―肩こり―内臓下垂(胃下垂)―骨盤臓器脱―自律神経失調症など、さまざまな症状が連動して改善していきます。

 

⇒ くわしくは、姿勢について  おじぎ体操  をご覧ください。