こんな症状の方に(O脚)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

O脚

 

 

O脚とは

 

O脚とは立位の時に両膝の間が開きO型に見える脚の形のことをいいます。
O脚は見た目のスタイルがよくないだけではなく身体にさまざまな影響を及ぼします。たとえば、
O脚になるとからだに負担がかかるようになり、腰痛、膝痛、外反母趾などになりやすくなります。
また、内臓も下垂して機能が低下します。

 

 

原因

 

・ふだんの姿勢のあり方によってO脚になることがあります。

 たとえば、ねこ背になると足の親指に力が入らなくなりO脚に

 なってしまうことがあります。

・姿勢をよくしようとして腰を反らそうとすると、お腹に力が入らなくなり、

 O脚になりやすくなります。

・体重の増加や運動不足で膝関節に負担がかかり、

 O脚になることがあります。

 

 

治療

 

中心軸の通った正しい姿勢を身につけるとO脚は自然に改善(矯正)されます。
姿勢をよくする方法としては、おじぎ体操、経絡体操などを行います。体操療法のコツを身につけるとO脚は自分で改善できるようになります。

O脚を治すと外見がよくなるばかりではなく、ウエストが引き締まる―バストが豊かになる(胸板が厚くなる)―ねこ背―腰痛―肩こり―内臓下垂(胃下垂)―骨盤臓器脱―自律神経失調症などさまざまな症状が連動して改善していきます。

 

 

⇒ くわしくは、姿勢について  おじぎ体操  をご覧ください。