こんな症状の方に(子宮脱などの骨盤臓器脱)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

骨盤臓器脱

 

 

骨盤臓器脱とは

女性の骨盤の中には子宮や膀胱、直腸などの臓器が収まっています。これらの臓器が本来あるべき場所から膣壁を押し出して、膣の出口のほうへ下がってきた状態を骨盤臓器脱とよんでいます。
骨盤臓器脱には「子宮脱」「膀胱瘤」「直腸瘤」「膣断端脱」があります。

 


骨盤臓器脱の原因

原因としては姿勢(内臓下垂)、動作(骨盤の歪み)、体重の増加、腹式呼吸力の低下、精神的なストレス、骨盤内の手術などが考えられます。

妊娠・出産、加齢、女性ホルモンの減少、便秘などがきっかけとなることもあります。



治療

骨盤臓器脱は専門医への受診と並行して行ないます。

 

ふだんの「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」をひとつひとつ見直していくことが基本です。骨盤臓器脱になった原因に気づくことが大切です。


人のからだは立位で歩くようになったことから内臓が下垂する傾向にあり、骨盤底筋に負担がかかるような構造になっています。

したがって、骨盤臓器脱を予防、改善するためには、できるだけ内臓が下垂しない姿勢、できるだけ骨盤底筋に負担がかからない姿勢を身につけることが重要になります。

 

当院では骨盤底筋体操、おじぎ体操で姿勢を調えることを手がかりにして骨盤臓器脱を改善していきます。

 

比較的、程度の軽い骨盤臓器脱は骨盤底筋体操を行なうとともに食事などを見直して体重を減らしていくと自然に回復してくれます。

体操療法で全身を調えていきますので、骨盤臓器脱が治る過程において、腰痛、肩こり、便秘、痔、尿もれ、鼠径ヘルニア、胃下垂などさまざまな症状が連動して改善します。

 

骨盤臓器脱も生活習慣病という見方をするとわかりやすくなります。さまざまな症状はこれまでの生活習慣・生き方を見直してください、というメッセージです。したがって生活習慣を正すことが根本的な解決となります。

 

 

※骨盤底筋体操について

当院ではオリジナルの「骨盤底筋体操」を行っています。
インナーマッスル体操、体幹トレーニング体操というよび方もできます。

動きは少ないですが、腹式呼吸(丹田呼吸)で行いますので気持ちのよい汗が出てきます。

骨盤底筋体操を行っていて肩や腰が疲れたりするようであれば、それは正しい方法で体操が行われていないからだと思われます。
自然な動き、自然な呼吸で体操すると自然に肛門が締まり、下垂した内蔵も元の位置に戻ってくれます。

骨盤底筋体操の目的は骨盤底筋を鍛えることではなく、下垂した内蔵を元の位置に戻して骨盤底筋に負担がかかからないような体にすることが本来の目的です。内蔵が下垂したまま骨盤底筋を鍛えても疲れるだけで途中でやめてしまいたくなります。症状が改善することもありません。
正しい骨盤底筋体操を身につけて、全身を調えていくことが根本的な解決につながります。

自然な動き、自然な呼吸で、骨盤底筋体操を行っていると自然に姿勢が良くなってきます。

いつでも どこでも だれにでも かんたんにできます。

 

 

 

⇒ くわしくは 姿勢について おじぎ体操 をご覧下さい。

⇒ 患者様の声「骨盤臓器脱」をご覧下さい。