こんな症状の方に(腰痛)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

腰痛

 

 

腰痛

 

日常生活やスポーツなどで腰部に負担がかかって腰の骨のまわりの筋肉などに痛みが生じることを腰痛といいます。

腰痛には重い物を持ち上げようとしたときなどに突然、腰に激痛がおこる急性の腰痛(ギックリ腰)や、長引いたり繰り返す慢性の腰痛があります。また、内臓の病気にともなう腰痛や、こころのストレスからくる心因性の腰痛もあります。

 

 

原因

 

腰痛になる原因としては姿勢、動作、からだの柔軟性、運動不足、過労、体重の増加、そして精神的なストレスなどが考えられます。

 

 

治療

 

痛みが激しい時は安静にすることが基本です。楽な姿勢でからだ全体をみて調整(手当て)すると少し痛みがやわらいできます。

症状(部位)だけに気をとられないで、からだ全体をみて痛くなった原因をよく把握してから対応することが大切です。腰痛は腰に負担のかからない姿勢や動作を身につけることが根本的な解決につながります。

脊椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛なども同様な対応をします。

 

よくなったら腰痛体操を身につけて日課にすると予防になります。

 

※ぶつけたり転んだりして腰や膝を痛めた時は原因がはっきりしていますので、その部分だけの治療をします。

 

⇒ くわしくは 姿勢について  操体法 をご覧ください。