こんな症状の方に(腰痛)


← 「こんな症状の方に」のTOPへ戻る

腰痛

 

 

腰痛

 

日常生活やスポーツなどで腰部に負担がかかって腰の骨のまわりの筋肉などに痛みが生じることを腰痛といいます。

腰痛には重い物を持ち上げようとしたときなどに突然、腰に激痛がおこる急性の腰痛(ギックリ腰)や、長引いたり繰り返す慢性の腰痛があります。また、内臓の病気にともなう腰痛や、こころのストレスからくる心因性の腰痛もあります。

 

 

原因

 

姿勢、動作、からだの柔軟性、運動不足、過労、体重の増加、そして精神的なストレスなどが考えられます。

 

姿勢について
ヒトは二足歩行と引き換えに腰痛と内臓下垂、さらに難産という三重の苦難を背負ったといわれています。

したがって、健康な毎日をすごしていくためには、できるだけ腰に負担のかからない姿勢、できるだけ内臓が下垂しない姿勢を身につけることが重要になります。

 

 

治療

 

腰痛は生活習慣病という見方をすることができます。生活習慣病を治すためには生活を正して自然治癒力を高めていけばよいのです。そのためには、ふだんの「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」などの生活習慣をひとつひとつ見直していくことが大切です。腰痛は「運動・姿勢」と「食事・体重」を見直していくことが基本となります。

 

当院は「運動」の分野の姿勢・動作を見直すことを主体にしています。体操療法(インナーマッスル体操、おじぎ体操)で姿勢を整えます。姿勢を正すと腰部や膝、首などに負担がかからなくなります。からだの歪みも整ってきます。そして、結果的に腰痛や膝痛、肩こり、脊椎すべり症、坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症などさまざまな症状が連動して改善してくれます。部分だけをみるのではなく全体をみることが大切です。

 

腰痛は鼠径ヘルニアや骨盤臓器脱に比べたら「簡単」に治ってくれます。

 

腰痛などのさまざまな症状はからだを守ろうとするありがたいお知らせです。このままの生活を続けているとやがては坐骨神経痛や腰部脊柱管狭窄症などになることも考えられますよ、というシグナルでもあります。その場しのぎの治療ではなく、しっかりと原因(生活)を正して根本的に治すことが大切です。

できるだけ早い段階で、これまでの自分自身の生活を見つめ直して健康な体に戻しておくことが大切です。

 

 

⇒ くわしくは 姿勢について  操体法 をご覧ください。