こんな症状の方に


私たちは知らず知らずのうちに不自然な生活を続けて病気になることがあります。そして、それは、からだの歪みとして表れます。

 

その、からだの歪み・姿勢(経絡を流れる気の滞り)を手がかりにして、さまざまな症状を改善することができます。

からだを調整する方法は鍼灸、指圧、体操(整体・操体)、気功、漢方薬などがあります。自分に合った方法を選択するとよいと思います。当院では体操療法(おじぎ体操、操体法、経絡体操)を主体にしています。

 

 

体操療法の特徴

 

・いつでも、どこでも、だれにでも、かんたんにできます。

・からだ全体を調整しますので、さまざまな症状が連動して
 回復していきます。

・受け身の治療ではなく、本人が原因に気づいて見直して(治して)
 いこうとする主体的な方法ですから、根本的な解決につながります。

・自分のからだは自分で治せるようになります。

 

 

体操療法は、次のような自然に治りにくい症状に適しています。

 


全般

・ 自律神経失調症

消化器、泌尿・生殖器
・ 胃下垂

・ 胃腸虚弱

・ 鼠径ヘルニア
・ 

・ 尿漏れ(腹圧性尿失禁)

・ 子宮脱などの骨盤臓器脱

運動器

・ むちうち症

・ 腰痛

・ 腰部脊柱管狭窄症

・ 猫背

・ O脚

 

 

下記の症状も同様な方法で改善していきます。

 

⇒ くわしくは逆子などをご覧ください。

 

○ 逆子、お産を楽にする

○ 肩こり、更年期障害

 

 

 

 

体操療法は「からだ」だけでなく「こころ」の分野にも適しています。

 

からだが楽になると こころも楽になります。


 

一般的なからだこころの変化
     
  からだ     こころ

食欲がわいてくる

  ↓

お通じがよくなる

  ↓

腰痛が楽になる

  ↓

痔が改善する

  ↓

おなかが引き締まる

  ↓

骨盤臓器脱が改善する

  ↓

胃下垂が改善する

  ↓

健康(健やかな体)になる

 

気持ちが楽になる

  ↓

考え方が前向きになる

  ↓

朝、早く起きたくなる。

  ↓

気力が湧いてくる

  ↓

表情が豊かになる

  ↓

自律神経失調症が改善する

  ↓

うつ病が改善する

  ↓

健康(康らかな心)になる

 

 

おじぎ体操操体法経絡体操を中心にしています。

腰痛体操、肩こり体操、安産体操、逆子体操、骨盤底筋体操(インナーマッスル体操)なども行ないます。

 

日常生活の「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」のうちの「運動・姿勢」の分野を見直すだけでも自然治癒力が高まって、さまざまな症状が改善します。

 

全体をみる

「運動」の分野だけではなく「食事」「呼吸」「睡眠」「心の持ち方」そして「環境」などを総合的にみて、ひとりひとりの症状に合わせて的確に見直していくと病気の種類にかかわらず、ほとんどの病気(運動器、消化器、泌尿器、循環器、呼吸器、皮膚、こころの病など)は自然に回復します。

 

自然な生活を心がける
ほとんどの病気は生活習慣病という見方ができます。したがって、生活の誤り(勘違い)を正して、できるだけ自然な生活をすることが根本的な解決となります。