操体法

  

操体法 … からだの歪みを調えます

 

操体法とは、仙台市の医師、橋本敬三氏(1897年〜1993年)が提唱されたものです。著書の「からだの設計にミスはない」の中で次のように述べられています。

「生命体であるかぎり、自然環境に適応するように出来ているはずであるが、人間は他の動物と違って、知識にたよって判断しようとするので、どうしてもその生活のあり方が自然の法則にはずれやすいともいえる。
人間が生命活動を全うして生きていく様は非常に多面的なものであるが、自分に許された自然環境、及び、人為環境の中で適応し、自己責任として意識して営まねばならぬこと、他人に代わってやってもらうことの出来ない活動が少なくとも4つあると思う。すなわち、呼吸、飲食、身体運動、精神活動です。この4つのと活動と環境との関連の上に人間の健康が維持されていく。

言いかえれば、毎日の自分の生活が自分のからだを作っているということなのであり、毎日の生活のあり方、つまり、1人1人のこの活動の営み方によって各人のからだのあり方、健康状態がきまってくるということです。」

 

操体法では、この4つの活動(呼吸、食事、運動、心の持ち方)のうち、主として「運動」の分野を解明しています。
操体法は「何々病を治すという発想ではなく、生活のまちがいからおこる、からだの歪みを正す、つまり健康の基本を調整するだけで、いろいろな病気がひとりでに治ってくる」という考え方です。
具体的には、からだを動かして、痛みや違和感があったら楽なほうに戻って、からだの歪みを正して、もとの元気なからだに戻していきます。

 

操体法の操法はいくつかありますが、そのなかのオリジナルの

ひとつを紹介します。

 

@

 

A

 

まずAのような形の動きで左と右を比べます。そして、たとえば

Aのように左手を伸ばした形の動きで痛みや違和感などを感じた

場合は、ゆっくりとまわりながら@の動きに戻ります。

メリハリのある正しい動きが大切です。

 

痛みが強くてあまり動けない場合は、@のような形の動きで

右と左を比べます。そして、楽で気持ちがいい方の動きを行ないます。

腰、膝、肘、手首、足首の使い方によって成果に違いが生じます。

 

理想は、1つの操法を1回だけ行うことです。

はじめての時は2〜3回、練習します。
操法は、立っても、座っても、寝てもできます。

できるだけ自然な動きで、自然な呼吸で行います。
また、からだを柔らかくしたい時も楽なほうに戻ると「かんたん」に柔らかくなります。

 

操体法の特徴

実技は「運動」の分野を中心にしていますが、操体法の特徴は総合的な観点から生活のあり方を検討している所にあります。
「私たちの生活をより健康で幸福なものにするには、息、食、動、想の4つの活動のひとつひとつをより深めていかねばならない。それと同時に、これらはお互いに関連し合っていて、どれひとつ不充分でも健康とはいえません。環境と生活態度とは同時相関相補的に連動しているのだ、ということを肝に銘じておかねばならないのです」

 


 

← 体操療法のTOPへ戻る