子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤などの骨盤臓器脱は骨盤底筋体操で改善します

子宮脱などの骨盤臓器脱

骨盤臓器脱
女性の骨盤の中には子宮や膀胱、直腸などの臓器が収まっています。これらの臓器が本来あるべき場所から膣壁を押し出して、膣の出口のほうへ下がってきた状態を骨盤臓器脱とよんでいます。
骨盤臓器脱には「子宮脱」「膀胱瘤」「直腸瘤」「膣断端脱」があります。

原因
姿勢(内臓下垂)、体重の増加、腹式呼吸力の低下、精神的なストレス、骨盤内の手術などが考えられます。
妊娠・出産、加齢、女性ホルモンの減少、便秘などがきっかけとなることもあります。

姿勢について
ヒトは直立二足歩行に移行したことから腰痛、内臓下垂、そして骨盤臓器脱などの苦難を背負ったと言われています。したがって、健康な毎日をすごしていくためには、できるだけ腰部や骨盤底筋部に負担のかからない姿勢、できるだけ内臓が下垂しない姿勢を身につけることが重要になります。

治療
専門医への受診と並行して行ないます。

骨盤臓器脱は生活習慣病という見方をするとわかりやすくなります。
生活習慣病を治すためには生活を正して自然治癒力を高めていけばよいのです。そのためには、ふだんの「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」などの生活習慣をひとつひとつていねいに見直していくことが大切です。骨盤臓器脱は「運動・姿勢」と「食事・体重」を見直していくことが基本となります。

当院は「運動」の分野の姿勢・動作を見直すことを主体にしています。骨盤底筋体操(インナーマッスル体操)、おじぎ体操で姿勢を整えます。よい姿勢になると腰部や骨盤底筋部に負担がかからなくなります。下垂した内臓も元の位置に戻ってくれます。そして、結果的に骨盤臓器脱や腰痛、肩こり、尿もれ、ひん尿、痔、鼠径ヘルニアなどが連動して改善します。

部分だけをみるのではなく全体をみる
からだは丸ごと全体でひとつです。骨盤臓器脱を部分的に治そうとするのではなく生活(姿勢、体重)を正して全体(全身)をよくしていくことが大切です。

骨盤底筋体操について
当院ではオリジナルの「骨盤底筋体操」を行っています。
インナーマッスル体操、体幹トレーニング体操というよび方もできます。

動きは少ないですが、腹式呼吸(丹田呼吸)で行いますので気持ちのよい汗が出てきます。
骨盤底筋体操を行っていて肩や腰が疲れたりするようであれば、それは正しい方法で体操が行われていないからだと思われます。
自然な動き、自然な呼吸で体操すると自然に肛門が締まり、下垂した内蔵も元の位置に戻ってくれます。
骨盤底筋体操の目的は骨盤底筋を鍛えることではなく、下垂した内蔵を元の位置に戻して骨盤底筋に負担がかかからないような体にすることが本来の目的です。内蔵が下垂したまま骨盤底筋を鍛えても疲れるだけで途中でやめてしまいたくなります。症状が改善することもありません。
正しい骨盤底筋体操を身につけて、全身を調えていくことが根本的な解決につながります。

自然な動き、自然な呼吸で、骨盤底筋体操を行っていると自然に姿勢が良くなってきます。
いつでも どこでも だれにでも かんたんにできます。

※鼠径ヘルニアについて
一般的に鼠径ヘルニアを治す方法は手術をするしかない、といわれています。しかしながら、しっかりとした骨盤底筋体操を身につけると鼠径ヘルニアも自分で治すことができるようになります。

自分の体を治す主役は自分自身
ほとんどの病気は生活習慣病という見方をすることができます。病気になる原因の多くは日常生活のすごし方・考え方にあります。病気の原因が自分の生活習慣・考え方にあるということに気づくことが大切です。本当の原因に気づくと自分の体は自分で治すことができるようになります。施術者の役割は治し方を的確にアドバイスすることです。

手術と自然療法
手術をして一時的にその場をしのぐ方法と生活習慣・生き方を見直して根本的に治す方法のどちらを選択するのかによって今後の健康状態や人生が大きく変わってきます。

⇒ くわしくは 姿勢について おじぎ体操 をご覧下さい。

ページ上部へ戻る