自律神経

自律神経は私たちの生命活動を維持するために自然(自律的・自動的)に働いている神経です。自律神経は自分の意志とはかかわりなく全身の機能を調整してます。呼吸や血液循環、食物の消化・吸収、排泄などが、自動的に行われているのは自律神経の働きによるものです。

自律神経失調症

不自然な生活や過度なストレスが続いて、からだとこころがリラックスできなくなると気の流れ、血液の流れが悪くなります。そして、自律神経のバランスもくずれて全身の機能が低下します。その結果として表れてくる症状(頭痛、めまい、不眠など)を自律神経失調症とよんでいます。

自律神経失調症の原因

  1. 身体的なストレス
    「睡眠」「食事」「運動・姿勢」「呼吸」
  2. 精神的なストレス
    「心の持ち方」
  3. 環境のストレス
    「環境・騒音、化学物質、電磁波、放射性物質、公害、災害」
  4. その他のストレス
    薬の常用、歯科金属、歯のかみ合わせなど

自律神経失調症といわれる症状には次のようなものがあります。

  1. 全身症状  疲れやすさ、だるさ、のぼせ、冷え、不眠 など
  2. 脳神経の症状  めまい、頭痛、しびれ など
  3. 循環器の症状  立ちくらみ、脈の乱れ、胸苦しさ、動悸 など
  4. 呼吸器の症状  息切れ、のどの不快感、せき など
  5. 消化器の症状  食欲不振、便秘、下痢、吐き気、げっぷ など
  6. 運動器の症状  後頭部の筋肉痛、肩こり、腰痛 など
  7. 皮フの症状  発汗の異常、手足の冷え など
  8. 泌尿器・生殖器の症状  頻尿、ED(勃起障害) など
  9. こころの症状  やる気が出ない、不安になる など
  10. 家庭医学大辞典、小学館より

ほとんどの病気のはじまりは自律神経失調症という見方をすることができます。

治療

自然との調和
自律神経失調症の症状は、生活のあり方が自然のリズムと調和することができなくなった状態の時に表れてきます。

したがって、自律神経のバランスを整えるためには、できるだけ自然な生活を心がけて、もとの自然なからだに戻していけばよいのです。
ふだんの「食事」「呼吸」「運動」「睡眠」「心の持ち方」などの生活習慣をひとつひとつていねいに見直していくことが大切です。

症状(部分)だけをみるのではなく生活(全体)をみる
からだは丸ごと全体でひとつです。症状として表れている頭痛、めまいなどを部分的に治そうとするのではなく生活習慣(姿勢、食事)を見直して全体(全身)をよくしていくことが大切です。生活を正して(原因を正して)からだ全体の気の流れ、血液の流れをよくすることによって部分的に表れている頭痛、めまいなどは「自然」に改善してくれます。

体操療法

当院は「運動」の分野の姿勢・動作と「呼吸」を見直すことを主体にしています。
おじぎ体操、経絡体操で姿勢を調えます(調身)、呼吸を調えます(調息)、そして、こころを調えます(調心)。正しい姿勢を身につけると腰や膝、首などに負担がかからなくなり、からだが楽になります。呼吸も楽になります。呼吸が楽になると、こころも楽になってきます。からだとこころがリラックスすると気の流れ、血液の流れがよくなって、自然治癒力・免疫力・生命力が高まってきます。自律神経のバランスも整います。そして、結果的に頭痛、めまい、不眠などさまざまな症状が連動して改善してくれます。

姿勢は健康の基本

からだに中心軸の通ったよい姿勢になるとお腹に力が入るようになり、気持ちもゆったりしてきます。こころに余裕が出てきます。自律神経のバランスも整います。まちがった姿勢でいると下腹がポッコリと出てきてお腹に力が入らなくなります。なんとなく元気がなくなり、こころに余裕がなくなってきます。自律神経のバランスもくずれます。

姿勢と自律神経

よい姿勢になると

  1. お腹に力が入る(自然な腹圧がかかる)
  2. 呼吸が楽になる
  3. 脊柱のカーブが自然になる
  4. 仙骨、尾骨が柔軟になる
  5. 気の流れがよくなる
  6. 血液の流れがよくなる

そして

  1. 自律神経のバランスが整う

そして

  1. 内分泌、代謝がよくなる
  2. 内臓の機能がよくなる

そして

  1. からだが楽になる
  2. こころが楽になる

そして

  1. 健康(健やかなからだ、康やかなこころ)になる

まちがった姿勢の場合
一般的な『からだ』と『こころ』の変化

  • からだ
  • 食欲が低下する
  • お通じがわるくなる
  • 腰痛になる
  • 痔になる
  • アレルギー性疾患になる
  • 下腹がぽっこりと出る
  • 鼠径ヘルニアになる
  • がんになる
  • 膠原病になる
  • 不健康な体になる
  • こころ
  • 気持ちが不快になる
  • 考え方が後向きになる
  • 朝、起きれなくなる
  • 元気がなくなる
  • 表情が暗くなる
  • うつ病になる
  • 神経症になる
  • 統合失調症になる
  • 認知症になる
  • 不健康な心になる

よい姿勢の場合
一般的な『からだ』と『こころ』の変化

  • からだ
  • 食欲がわいてくる
  • お通じがよくなる
  • 腰痛が楽になる
  • 痔が改善する
  • アレルギー性疾患が改善する
  • おなかが引き締まる
  • 鼠径ヘルニアが改善する
  • がんが改善する
  • 膠原病が改善する
  • 健康(健やかな体)になる
  • こころ
  • 気持ちが楽になる
  • 考え方が前向きになる
  • 朝、早く起きたくなる
  • 気力が湧いてくる
  • 表情が豊かになる
  • うつ病が改善する
  • 神経症が改善する
  • 統合失調症が改善する
  • 認知症が改善する
  • 健康(康らかな心)になる

自律神経失調症の症状は体を守ろうとする大切なお知らせです

頭痛、めまいなどのさまざまな症状は、からだを守ろうとするメッセージです。
このままの生活を続けているとやがては、うつ病やがんなどになることも考えられますよ、というシグナルでもあります。
その場しのぎの治療ではなく、しっかりと原因(生活)を正して根本的に治すことが重要です。
できるだけ軽い症状の段階で、これまでの自分自身の生活を見つめなおして健康な体に戻しておくことが大切です。

たとえば

鼠径ヘルニアや子宮脱などの場合
腰痛や痔の段階で、その場しのぎの治療ではなく、しっかりと原因を正して(生活を正して)元の健康なからだに戻しておくことができれば、鼠径ヘルニアや子宮脱などになることは、まずありません

がんや膠原病などの場合
冷えや便秘は万病の元といわれています。
冷えや便秘の段階で、その場しのぎの治療ではなく、しっかりと原因を正して(生活を正して)元の健康なからだに戻しておくことができれば、がんや膠原病などになることは少なくなると思います。

腹圧について

よい姿勢になると下腹に力が入り自然な腹圧がかかります。
わるい姿勢になると下腹に力が入らないため不自然な腹圧がかかります。
下腹もポッコリと出てきます。

よい姿勢で自然な腹圧がかかるとからだが楽になります。呼吸も楽になります。呼吸が楽になるとこころも楽になります。
わるい姿勢で不自然な腹圧がかかるとからだに負担がかかります。
呼吸も浅くなります。呼吸が浅くなると知らず知らずのうちにこころの余裕もなくなってきます。

健康な毎日をすごすためには下腹に力が入り、自然な腹圧がかかるよう姿勢・動作を身につけることが大切です。

自分の体を守る主役は自分自身

ほとんどの病気は生活習慣病という見方をすることができます。
病気になる原因の多くは日常生活のすごし方・考え方にあります。
病気の原因が自分の生活の誤り(勘ちがい)にあるということに気づくことが大切です。本当の原因に気づくと、自分の体は自分で治すことができるようになります。
ここの所の「本人が病気の原因に気づく」というところがポイントになります。施術者の役割は、そのためのアドバイスやお手伝いをすることです。

くわしくは

 姿勢について おじぎ体操 をご覧下さい。
 患者様の声「自律神経失調症」 をご覧下さい。